HOME>パステル和アート

パステル和(NAGOMI)アート

<パステル和(NAGOMI)アート>

~パステル和アートとは?~


パステルをパウダー状にして、指で描くという、独特な技法が融合して生み出す、優しくて心地よいアートです。

パステル和アート

「絵を描く」と聞くと、鉛筆や筆などを使うイメージがありますが,このアートは指で直接画用紙に描く という技法ですので、パステルや用紙が直接肌に触れることで一体感が増し、癒し効果が高いと感じます。

パステルの色も綺麗で温かみがあるので、見ているだけで癒されますし、水や油は使わないので気軽にアートができます。

「間違った~修正したい~」というときには消しゴムで消せるので安心ですし、子どもからご高齢者の誰でも、 上手い下手がなく綺麗に簡単に描け、自分で絵が描けたという達成感と、楽しみながら描けるということで、

心が穏やかになり、気持ちが元気になるアートワークです。

(アートによりますが、簡単なものですと20分程度で1枚描けます)


アートを始めて私自身が一番感じたことは、セラピー効果が高いということです。

風景や物を見て描いたりするアートも楽しいですし、ただ今抱いている感情を描く・・・とか

「喜びを表現したい」などテーマを決めてイメージアートを描くということで、今の自分に向き合えたり、

感情をアートに出すことで解放できたりと、様々な利点があります。

描いた絵は同じものは一つとない自分だけのアート。

またプレゼントとして贈ったり、アートにメッセージを描くなど、様々な方法で想いを伝えることができます。

あなただけのアート、描いてみませんか?

パステル和アートの流れ/お申込み

~パステル和アート講座~

☆お一人さま2時間程度:3,000えん(材料費込・お茶お菓子付き)

アートは2枚を目安にしています。2時間以上ご希望の方はご相談ください。


パステル和アート

☆場所は香川県高松市で最寄駅は琴電屋島駅:自宅、マンションになりますので女性限定とさせて頂いておりますが、 ご夫婦やカップルなど女性同伴であれば可能です。

☆必要なものは全てこちらでご準備致します。

受講料は当日お支払ください。

☆対面セッションの後にアート講座を受けて頂くことも可能ですのでご相談ください。

セッションで受け取ったメッセージをアートに表現するのもお勧めです。

☆額が必要な方は、当日お1つ1,000えんで購入できます。

パステル和アート講座の流れ/お申込み

~パステル和アート準インストラクター養成講座~

☆日本パステルホープアート協会(JPHAA)認定の養成講座です。

全20時間程度で、協会主催程度の講座内容とカリキュラム、バリュエーションを修得し、

協会へ修了認定レポートと課題のアート3枚を提出し、登録料10,500円を納付することにより、

協会(JPHAA)認定の準インストラクターの認定書が頂け、パステル和アートの講座を主催することができます。


<ご注意>

準インストラクターの認定まででは、「パステル和アート」名を使用しての講座(ワークショップ)等を

主催することはできますが準インストラクター養成講座は主催できません。

養成講座を主催したい場合は(正)インストラクターへの上位認定が必要になります。

その場合は、準インストラクターの認定書が届いてから、協会主催のスクーリングを受講するか、

または実績認定(3回以上の講座を開く)後、協会に認定登録料21,000円を納付することにより

(正)インストラクターへの認定書を頂くことができます。


☆講習料:50,000えん

☆教材、テキスト:10,000えん

☆認定登録料:10,500えん(頂いたものをこちらから協会へ納めさせて頂きます)

合計70,500えん

(お振込み、または当日のお支払、分割ご希望の方はご相談ください)


☆全20時間程度ですので、4時間を5回や、5時間を4回などご要望に合わせて開催できます。

数日続けて受けられても、日を空けられても構いません。

☆教材一式とテキストもこちらでご準備致しますので、当日はお持ち頂くものは特にございません。

☆講座の日時が決定しましたら教材等を取り寄せますので、キャンセルはご遠慮願います。

ご都合が悪くなられた場合の日時の変更は可能です。

☆場所は香川県高松市:最寄駅は琴電屋島駅で、自宅(マンション)にて行っておりますので、

女性限定とさせて頂いております。

パステル和アートは芸術性への目覚めやセラピー効果も高いので、セラピストの方にも人気で、

アートを取り入れていくことにより、

また違った視点で癒しを与えることができたり、自己発見できたり。。。

もちろんセラピスト以外の方でも、パステルに触れることで自分の癒しにもなりますし、

年齢問わず描けるアートですので、心療内科や老人ホーム、保育所など、

様々な場所で今後は多く使用されるようになるのでは。。。と思います。

(実際にこのような現場で行われいるところもあるようですし、協会の普及活動の目的でもあります)

あなたもパステル和アートのインストラクターになって、パステル和アートを広めていきませんか?

パステル和アート準インストラクター養成講座の流れ/お申込み